「イタリアンダイニング・ルイ」長年探していた「あさりのパスタ」の思い出の味。品川区の荏原郵便局の隣にひっそり佇むお店。静かで優しい店長さんの作る故郷イタリアの本格的なお料理

「イタリアンダイニング・ルイ」長年探していた「あさりのパスタ」の思い出の味。品川区の荏原郵便局の隣にひっそり佇むお店。静かで優しい店長さんの作る故郷イタリアの本格的なお料理

【店名】
イタリアンダイニング ルイ
【所在地】
東京都品川区西中延

【性別】女性
【年齢】49歳
【職業】主婦


【お店を知ったきっかけ】
私が、娘の中学校へ、自転車で行く途中でパンクしてしまい、そのそばにあった、イタリアンダイニング ルイの店頭に、自転車の空気入れがあったので、お願いしてお借りした時、快く貸してくださったので、今度、食べにきたいなぁと思いました。

【誰と行ったか】
娘とふたりで行きました。




【お店の雰囲気】
お隣に大きな郵便局がある、角地で、駐車場は無く、目の前に、国道が走っている場所です。
外観は、遠くからでもイタリアンがあるとわかる、イタリアの旗が下がっている、木調の雰囲気です。
席数は、カウンターが6席ほど、テーブル席が16席ほどで、店長さんおひとりで営業されていて、とても静かで優しい雰囲気の店長さんです。
私たち以外、もう一組しかお客さんがいませんでしたが、家族連れという感じでした。
予約しないで大丈夫でしたが、不定期でお休みするので、つぎ、また突然行ってみたら、お休みでした。
店内は、白い壁に木調、天井はむき出しで、ムーディな雰囲気があります。
間接照明がところどころにあって、いい感じな暗さです。

【注文したもの】
あさりのパスタ アサリの旨みをそんぶんに堪能できるパスタです。




【感想】
私が独身時代、働いていた喫茶店で、店長さんに、ボンゴレビアンコ(アサリの白いパスタ)をごちそうになったのですが、それがと^ってもおいしくて感動して、それ以降、同じ味を、ずっと探してきましたが、なかなか、同じ味には巡りあえませんでした。
このお店は、イタリア育ちの店長さんの本格的なイタリアンが食べられるというので、とても期待して行きました。
まず、運ばれてくる間にも、漂ってくる、あさりの濃厚な風味・・・それだけで(おぉ!これは!)と期待が高まりました。
器は、麦わら帽子のように、ふちが広くて、真ん中が深くなっている白いお皿で、深い所にパスタがいました。
なんとおいしそうな盛り付け・・・パスタがきれいに深い所におさまり、パセリが散らされていて、一気に食欲をそそられ、おなかがなってしまいました。
一口食べて(あー!この味だ!)と、一瞬で、あの喫茶店の味がよみがえってきました。
熱さは、ちょうど食べやすい温かさでしたが、ファミレスの時のように、がつがつ食べる気にはなれませんでした。
ひとくち、ひとくち、味わって食べました。
麺の固さも絶妙で、あさりのスープをからめて吸って、噛むごとに旨みが口に広がりました。
そして、食べ終わった後、お皿の底には、何も残っていませんでした。
すべて、麺がからめとったのでしょう。
なのに、のびていないんです。
あさりも、けっこう、たっぷり乗っていました。
最初、見た目では(ちょっと少ないかな)と思いましたが、食べ終わったときには、満腹でした。
気持ちまで、大満足で、しばらく、余韻に浸っていました。
席は、二人席のテーブルで、娘と向い合せで食べました。
私が、店長さんの料理している方を向いて座りました。
家具もすべて、木調で、落ち着きました。




【他のメニューやトッピングなど】
注文が終わった後に、しばらくしたら、注文していないサラダが運ばれてきました。
店長さんのサービスでしたが、ルッコラと生ハムとレタスとトマトのサラダで、ドレッシングはシンプルで、それぞれの素材の味がよくわかり、フレッシュでおいしく、量も、ふたりでわけて、丁度良かったです。
それから、娘は、おススメの自家製ラザニアを食べましたが、ミンチの濃厚な索子は、意外とさっぱりしていて、何層にもなっている生地がもちもちで、5p角の大きさでしたが、食べ終わって娘が、まんぷく〜と大満足していました。
それから、マルゲリータ風のピザを、ふたりで食べましたが、正直、半分では足りませんでした。
生地は薄いカリカリ生地で、ソースはトマト感を感じる、手作りだろうなぁと思われるソース、チーズもトロトロで、一気にいただきました。
デザートは、注文しませんでしたが、トルタ・ディ・リーゾという自家製のお米のケーキは、気になりました。
お米をミルクでゆーっくりコトコト煮込んでからオーブンで焼き上げるケーキからは、ほんのりレモンピールの香りがするそうです。
私が今度、頼みたいと思ったデザートは、アフォガートという、バニラアイスの上から、温かいエスプレッソをかけたデザートで、次回は頼もうと思います。




【エピソード】
その日は、クリスマスイブで、しかも、娘がはじめて告白する日でした。
なので、元気づけの為に、ご馳走してあげようと思って、思い立って連れて行きました。
予約もせずに、突然行きましたが、張り切り過ぎて、開店15分前には着いてしまい、店頭で写真撮影して、歩道を通る通行人の方に迷惑をかけてしまいました。
11時になっても、飽きませんでしたが、しばらくしたら、店内に明かりがともったので、勇気を出して入ったら、優しい雰囲気の店長さんが迎えてくださいました。
娘を喜ばせようと思って行ったのですが、私のほうが喜んでしまって、店内でもいっぱい写真を撮りました。
注文した後、しばらくしたら、店長さんのサービスで、サラダをごちそうになりました。
初めての脚なのに・・・と驚き、感動を覚えました。




【知人の評判】
イタリアンダイニング ルイの評判については、私の友達や知人に話したら、まだ行ったこと無いという方ばかりで、書くことができません。
でも、お店のことは、みんな知っていて、買い物の途中で通りかかって(あれ?こんなところに、素敵なお店ができたなぁ)と思いながら、なかなか行けないでいたと、言っていました。




【他との比較】
そばにサイゼリアがありますが、味は、比較するのが申し訳ないくらい、雲泥の差があります。
イタリアンダイニング ルイのお料理は、ほかの、近くにある個人のイタリアンのお店でも出せない、本格的な味です。
なぜなら、店長さんが、イタリア パルマ育ちで、田舎の本格的な味を、再現してくださっているからです。
素材も、イタリア パルマ産の生ハムを取り寄せるなど、吟味したものを選りすぐっています。
調理にいたっても、手を抜かず、丁寧に作っていることが、伝わってきます。
また、私は飲みませんでしたが、ワインなど、お酒類も豊富にありました。
ランブルスコも、品ぞろえしています。




【価格と満足度】
値段は、あさりのパスタが1290円、自家製ラザニアが1480円、マルゲリータ風ピザが980円でした。
正直、レジで、4000円以上だった時は、ドキッとしてお財布を確かめてしまいましたが、ひとつひとつのお料理は、本当においしくて大満足だったので、お値段が高い分、満足感も充分でしたので、また、食べにきたいと思いました。




【期待すること】
店長さんおひとりでやっているので、お忙しいと思いますが、不定期のお休みをしないで、長く続けてほしいと思います。
人気が出てきてしまうと、もっと、良い場所へ移転してしまうお店もありますが、ここでずーーーっとやっていてほしいです。
できれば、このお店が大きくなってほしいと思います、そして、アルバイト募集できるくらいになったら、私も働いてみたいと思いました。



もう、友達に、おススメしたんですが、その時は、お値段以上の、お料理の満足感は、イタリア育ちの店長さんの本格的な味にあることと、なのに、ランチ(平日のみ)は1000円で提供してくれてリーズナブルにいただけること、お酒の好きな友達には、お酒の豊富さを推しました。
何より、店長さんのお人柄が、そのまんま、そのお店の雰囲気を作っていて、心地よい雰囲気が、ほかにない空気を作っている・・・という点も、おススメしました。
お店は、大きな郵便局の隣に合って、見つけにくいですが、その分、隠れ家的な存在として、いまは、まだ混んでいないので、席も取りやすいし、女子会など、パーティもできるというところ、2Fでは、教室やイベントも、ときどきやるそうだというところも推しました。

イタリアンダイニング ルイ
東京都品川区西中延
女性・49歳・主婦
「イタリアンダイニング・ルイ」長年探していた「あさりのパスタ」の思い出の味。品川区の荏原郵便局の隣にひっそり佇むお店。静かで優しい店長さんの作る故郷イタリアの本格的なお料理