世田谷区下北沢でうまいパスタなら「だいこんの花」。美味しさ、コスパの良さ、居心地の良さ、全部そろってます

世田谷区下北沢でうまいパスタなら「だいこんの花」。美味しさ、コスパの良さ、居心地の良さ、全部そろってます

【店名】
だいこんの花
【所在地】
東京都世田谷区下北沢

【性別】男性
【年齢】46歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
雑誌を見てお店のことをしりました。
雑誌を見て美味しそうだと思ったからです。
コスパも良くボリュームと味の評価が良かった

【誰と行ったか】
当時の友人




【お店の雰囲気】
どんな場所→下北沢の街中
駐車場→なかったと思います。
外観は→至って普通。
外観も内装もお洒落でもなく、間口が狭く奥に長いお店でした。
席数は→20席くらいだったか…。
店員は丁寧→年配の男性でフレンドリー。
店主はどんな人→おそらくその年配の男性が店主。
どんな客が多い→老若男女様々な客層。
予約→確かなかったと思う。

【注文したもの】
トンノ




【感想】
ボリュームがあり、太麺に大きなツナがゴロゴロ入った熱々のトマトソースで、素朴なパスタです。
当時、下北沢にはパスタ専門店がなかったと記憶しています。
お金がない学生だったので初めて食べた時はそのヴォリュームと味付けに感動したことを覚えています。
一度行ってからは、友人や当時付き合っていた彼女と頻繁に訪れて食事とその不雰囲気を楽しみました。
働き始めてからも休日や下北沢に訪れた際は必ず「だいこんの花」と決めていました!
盛り付けも家庭的なもので器もシンプルなものでおしゃれというわけではありませんでしたが、
お店の暖かい雰囲気に馴染んでいました。
窓際の席でトンノを食べながら下北沢の通りを眺めたり、
お酒を飲んだりするのが好きでした。




【他のメニューやトッピングなど】
カルボナーラ、メキシカンピラフ、 ボンゴレバジリコ、
牡蠣のグリーンスパなどをよく食べていました。
ビールをよく注文していました。
味の強いものはあまり食べなかったなぁ。
調味料もいたって普通のお店と一緒のものでした。




【エピソード】
当時の雑誌で気になって訪れたことが初めてで、一度食べたらそのコスパも良くボリュームに感動しました。
当時の友人や彼女と頻繁に訪れていました。
まだ若かったこともあり友人と4つのパスタをシェアしようと注文しましたが
量が多く食べきれず店主の男性に嫌な顔をされたことを覚えています。
今考えると軽率だったと感じています。




【知人の評判】
妻も「だいこんの花」が好きでよく二人で食べに行っていました。
妻の感想もコスパも良くボリュームと味のがいい!との感想でした。
当時の彼女はもう少し、おしゃれなお店で食事がしたいと言っていましたが、
味に関しては気に入っていたようです。




【他との比較】
今ではいろいろなパスタ専門店がありますが、当時パスタ専門店というものはあまりなかったと記憶していて、
初めて出来立てを食べた時のパスタの生パスタのコシ感、様々なソース・食材とのマッチングなど
「だいこんの花」はかなり先進的な取り組みだったのではないかと思う。
コンビニパスタとは根本的な競技が違うと思っていて、それぞれの美味しさを楽しめばいいと思う。




【価格と満足度】
価格も適正でヴォリュームも大変満足でした。
学生時代の自分はコストパフォーマンスがよく大変満足していました。




【期待すること】
2000年頃まで開店していましたが、残念ながら閉店してしまいました。
お気に入りで思い出のお店でもあり、続けて欲しかったのです。
お店の店主は木訥とした雰囲気で接客も柔らかいとはとても言えませんでしたが、独特の落ち着きがある店で居心地が良かったです。
おしゃれではない外観や内装なども雰囲気にあっていて変える必要はないと思っていました。



木訥とした雰囲気で接客も柔らかいとはとても言えませんが、独特の落ち着きがある店で居心地が良いいです。
おしゃれではない外観や内装なども家庭的な雰囲気で片膝はらずにお店の暖かい雰囲気で食事を楽しめるお店!
そのヴォリューム感、コストパフォーマンスの良さと味付けのよさは折り紙付きです。
ご家族、友人、恋人などと楽しい食事をしたければ「だいこんの花」がおすすめです。

だいこんの花
東京都世田谷区下北沢
男性・46歳・会社員
世田谷区下北沢でうまいパスタなら「だいこんの花」。美味しさ、コスパの良さ、居心地の良さ、全部そろってます