福岡県春日市の「とまとのいえ」のトマトパスタは一度食べたら忘れられない!トマトが大好きになってしまう料理

福岡県春日市の「とまとのいえ」のトマトパスタは一度食べたら忘れられない!トマトが大好きになってしまう料理

【店名】
とまとのいえ
【所在地】
福岡県春日市下白水南1-3

【性別】女性
【年齢】52歳
【職業】派遣社員


【お店を知ったきっかけ】
初めて食べたのはもう30年近く前のこと。
現在の場所に移転する前、福岡市南区井尻に店舗があった時でした。
今ほど近所にパスタ屋さんがなく、たまたまポストインされていたチラシを見て、食べてみたいと思い来店しました。

【誰と行ったか】
当時の彼(今の旦那)です。




【お店の雰囲気】
踏み切り沿いで、決して大きくないお店でした。
近隣に駐車場はあったと思いますが、専用駐車場ではなかったと記憶しています。
ただし電車の駅から徒歩圏内なので、気軽に立ち寄れる立地でした。
予約は特に不要。
学校も近くにあるため学生さんやカップルが多かったと思います。
店員さんは当時ちょっと人見知りかな?オープンしたてだったからかな?

【注文したもの】
トマトパスタ!




【感想】
すべてが私にとって『ちょうどよい』塩梅でした。
パスタの茹で加減、適度なオイリーさ、ホールトマトの絡み具合、塩加減、量。
特にオリーブオイルの量が、一歩間違えたら油っぽくなる一歩手前という絶妙さ。
乳化が素晴らしいのでしょうか。
出来上がってからお客さんのところに持ってきてもらい、いざ実食!・・・のタイミングで一番美味しい仕上がり具合でした。
このトマトパスタを食べて以来、私はパスタももちろんですが、トマト自体を大好きになりました。
食器や盛り付けに目新しいことは感じませんでしたが、それくらいパスタの美味しさに感動しました。
食べに行って後日、テイクアウトもしてもらいました。
自宅で食べても美味しかったです。




【他のメニューやトッピングなど】
ピザも注文したと思います。
サクサク生地でほうれん草やトマトがトッピングされていました。
辛いのが苦手なので、タバスコはかけませんでしたが、本当はかけたほうが味が締まるかも。
冷めてきたらちょっとオイリーだったので、温かいうちに頂いたほうがいいかと思います。




【エピソード】
長いことパスタといえば『とまとのいえ』の方程式でした。
お店で食べたときよりもテイクアウト(というか当時でいう出前)のほうが印象深いです。
今のウーバーイーツでは考えられないと思いますが、アルミホイルにパスタが包まれた状態で届いてました。
でもこの状態で凄く美味しかった。
田舎の母が出てきたときにも食べさせましたが、とても喜んでいました。




【知人の評判】
あまり知名度が高くなかったけど、チラシの存在は知ってました。
食べた感想を言ったり、自宅に来た友人に食べてもらったりしたけど布教はあまり出来ませんでした。
でも実はお気に入りのお店をあえてあまり広めたくなかったりします。




【他との比較】
他店やコンビ二はもちろん味が完成されていて美味しいのですが、率直に「また食べたい」と思わせるものが少ないと思います。
『とまとのいえ』についてはメニューや材料が特に珍しいものを使っているわけではない(と思われる)ですが
私にとっては中毒性がある。
『受けた衝撃』でも語りましたが、私の求めている『ちょうどいい』の固まりだからです。




【価格と満足度】
価格と満足度は100点でした。
パスタ単品で800円台だったと思います。
トマトだけでなくほかの味も確かめようと思います。




【期待すること】
正直小さい店舗の個人飲食店が、長い期間人気を維持するのはとても難しいと思いますが、ずっと続けて頂いているのがとてもありがたいです。
オープン当初から知っているファンとすれば、当然これからも続いていって欲しいと思っています。
期待と言うか、わがままを言うと、うちの近くに店舗が移動してくれたらもっと嬉しいです。



人にはそれぞれ好みがあると思います。
自分が「一番美味しい」と思うものを100%全員同じように思ってはくれないでしょうが
ここのパスタは是非一度は食べてもらいたい!店構えや店員さんの感じのいい接客も要素にはあると思うけど、まずはトマトパスタを食べてくれ!話はそれからしよう!と思ってます。
なんならトマトが苦手な人にこそ食べてもらいたいです。

とまとのいえ
福岡県春日市下白水南1-3
女性・52歳・派遣社員
福岡県春日市の「とまとのいえ」のトマトパスタは一度食べたら忘れられない!トマトが大好きになってしまう料理